口座と小切手

 Citibankで口座と小切手帳を作成する
 マンハッタンのど真ん中、5thアーベニューとマジソンアーベニューの角、43丁目にある45年続いている美容院を、引き継ぐプロジェクトには、いくつもの問題がありました。
 公正な資金計画に基づく契約の完了が出来るのか、長期滞在のためのビザの申請、すでに出来上がっているルールの基に経営されているサロンのスタッフとの人間関係を、うまく構築していけるのかどうか。
 朝、目覚めて、すぐにベットメイキング。そして、シャワー室に向かうというルーティン。
 H川さん(81)とSammyさん(72)という大先輩2人と、NY郊外のハーツデイルのマンションに同居し、先輩のルーティンに学び、とにかくNY生活に慣れることから。
 シーツの端と端ををビシッと張ってのベットメイキングの後、まずはシャワー室へ直行。頭から熱いお湯を浴びて、ようやく頭が冴えてくる。
 朝食は、トーストとコーヒーとサラダです。たまにクルマで10分ほど走り、一駅向こうのスカースデイルにあるベーグル屋さんに行くのが楽しみでした。
 焼き立てのベーグルを求めて、緑深い森の中、アップダウンヒルの道をクルマで疾走する。親子で経営されているベーグル専門のお店で、プレーン、チーズ、セサミ、粟、サーモンとサワークリームなどから選んでオーダー。歯応えがしっかり、中はもっちりのベーグルは、柔らかめのベーグルが主流の日本とは異なり、ここでしか味わえない食感です。
 この日、お気に入りのシャツにネクタイを締めてジャケット姿。H川さんとグランドセントラル駅を目指す。たぶん、アメリカの口座を作るということで、緊張していたのでしょう。
 時計台のある中央広場の右側のエレベーターに乗る。上がってすぐ右側、駅構内のCitibankに突撃。たくさんの書類や面談が始まるぞ。大袈裟ではなく、私的にはそれくらいの気持ちで望んだわけです。
 入り口に扉はなく、すぐにキャッシュディスペンサーが並んでいる横をすり抜け、シンプルで機能的なカウンターの前で、言われるがまま名前やNYのハーツデイルの住所を書類に記入。自動車の国際免許を提示。
 かなり厳しい審査があるのではと、予想していたのですが、2〜3分ほどてあっさりと終了。
 同行のH川さんの口座に紐付けされたからなのか?現在では不可能と思いますが、その当時は、そんな簡単にことが進んだのです。これで口座を作成、カードを申請し、小切手帳が1週間ほどで届くと知らされてやや拍子抜け。
 でしたが、小切手の書き方を習って驚いた。日本の銀行口座から、引き出すときに記入する用紙の内容と大差はないのですが、印鑑の代わりにサインを書き込むと、そのサインをキャッシュディスペンサーの機械が読み取ること。手書きで記入した数字とサインが書かれた7×15cmの薄い紙を差し込み、金種を指定すると、あら不思議。現金が出てくる。
 どういう読み取りの仕組みなのか、未だに理解は出来ませんが、筆跡などを機械が判断するあたりは、サインによって承認するというアメリカの伝統的文化に、改めて敬意を感じたわけです。
 昨今、日本では印鑑での書類作成の煩雑さが、仕事の速度の妨げになっているとの問題提起がされていますが、指紋認証や顔認証や瞳孔認証が主流になる時代にはまだまだ時間を要するのでしょう。
 この数年で、キャッシュレス化がかなりのスピードで進んでいますから、世界共通の通貨として仮想通貨のように、新札発行を機に日本独自の仮想通貨を作成し、タンス預金をすべて巻き上げようとする喜ばしくない政府の企みも噂されているようです。
 いまだに小切手が、現金の代わりとして一般人の間でやり取りされていることは、日本のキャッシュレス化の波とは対局にあるアメリカの風習文化。
 帰宅前に、グランドセントラル駅の中にあるマーケットで、夕飯の材料を購入することに。
 グランドセントラルターミナルは、NYの象徴的な存在。映画やTVドラマにもよく登場する場所。とても美しい建築物で、ニューヨークを代表するグルメやショッピングスポットが集まっています。地下に独特のフードコートやオイスターバーなど歴史のある老舗のレストランの存在も魅力のひとつ。
 この日、チーズやバケットなどを求めてマーケットを見て回りました。その模様は次回に。

日系弁護士 in New York

 いかつい黒人の男に名前と目的の会社を書き込む用紙を渡される。
 グランドセントラル駅を抜けてパークアベニューの交差点を渡り、ドアマンが高層ビルの入り口のドアを開けると、天井高が10mはある広い空間のエントランスに圧倒された。
 黒人女性の係員から、身分証明書の提示を求められ、氏名や訪問先の弁護士事務所の名前を記入。名札をもらってセキュリティを通過。エレベーターホールから八階へ。扉が開くと、また花がいっぱいの受付カウンターがあり、笑顔の白人女性係員がドアを指定し、中に通される。
 木製の大きなテーブルのまわりに、豪華な背もたれの椅子が並ぶ。鋭利に削られた鉛筆とメモ用のノートはご自由にとのこと。窓の外にパークアベニューの通りが見えて、目の前にメットライフビルの窓が光を受けて輝いていた。
 同行のH川さんと待っていると、ドアを開けて爽やかな笑顔の小柄な日本人の弁護士が女性秘書を携えてやって来た。握手を求められ、名刺交換の後、経緯と依頼内容を話し始めるH川さん。
 丸紅の駐在員から始まり、その後独立。ニューヨークの石油輸入の重鎮として長く活躍され、現在は隠居の身。日本とニューヨークを行き来して悠々自適、80歳を超えたお爺さんですが、その英語力と押し出しの強さに、歴戦の強者の片鱗が見え隠れするのです。
「ニューヨークで45年続いている美容サロンの株を買収して、経営権の譲渡までの契約書の作成をお願いしたいのです」と同行のH川さんが話を切り出す。
「意図は事前にお伺いして理解しています。細かな条件などは、元のオーナーのS氏と交渉中だということですね」とN藤弁護士。物腰が柔らかく、分かりやすい言葉を選んで発せられるひとこと一言のなかに、聡明さと人柄の良さを感じて気持ちが楽になる。これまでの経緯や諸条件のすり合わせ、スケジュールなど、会見は50分ほどで終了。
 このN藤弁護士、元々は競走馬のジョッキーから弁護士に転身されたそうで、高いトーンと歯切れの良い声から独特のオーラを感じた。日本語が通じることで、細かなニュアンスをやり取りできる。まさに暗い雲の隙間から、パリの街の光を見出したリンドバーグの心境。
 このN藤弁護士を始めとして、いくつかの案件に合わせて何人かの弁護士と会見していきます。ロビーストとして前述のH川さんにセッティングや交渉も、まさに俎板の上の鯉状態。
 私個人のビザ取得の専門のユダヤ系白人弁護士(奥さまが、建築の大好きな日本人)。同じく5カ国語を操る、ビザ取得のスペシャリスト、インド人の女性弁護士(日本語が恐ろしく堪能でビックリ)。そして、まさに輝かしいキャリアを積み重ねてきたであろう、パワーと自信に満ち溢れたアメリカ女性。典型的なセレブ弁護士(Netflixのドラマに出てくるような素敵な方でした)と接見させていただいた。
 帰り道、グランドセントラルステーションからメトロノース鉄道で、ホワイトプレイン行きに飛び乗る。横に座ったH川さんが、低い声で話し出す。
「これからたくさん勉強してもらわないといけませんね。日々の生活もですが、まずはお金の使い方から。これから小切手帳が必要になる。来週、銀行口座を作りにいきましょう」
 NYは、旧態然としたアナログな仕組みと最先端のシステムが共存している街だ。
 小切手が、普通に商取引や個人間でも頻繁に取り引きで使われる。銀行に並んでいるCD(キャッシュディスペンサー)が小切手を読み取るのだ!複雑なサインや多種多様な筆跡の数字など、どのようにして認識しているのか。
 
 次の週、グランドセントラル駅構内にあるCiti bankにて口座を開いた。
 この模様は次回。

NYの水先案内人

 ニューヨークのサロン買収の話しをご依頼いただいた美容学校の理事長・T添氏から、
「紹介したいひとがいるんや。日本の石油輸入の要として、長くニューヨークで活躍した人で、H川さんという80歳を超えたお爺さんやけど...」と食事会の設定を頼まれる。
 かなりの美食家だという情報を得ていたので、西宮で最も新鮮なネタが揃う苦楽園の鮨屋にお連れした。内田先生と何度かご一緒させていただいた切り札の一軒である。
 市場の仲買から、お金に糸目をつけず、その時期に揚がる旬の魚が、ネタ箱から溢れているお店なので、細い目をさらにほころばせながら、T添理事長共々、終始ご満悦のH川氏の横顔を眺めつつホッと一安心。
「あなたが、ニューヨークで望むことを全力でバックアップしますよ」と目を細め、静かに笑うH川氏の一言に、私がシンパシーを感じたのは仕方のないことだろう。
「チャンスは、常に人からもたらせる」
 長年、会社を営んできて学んだ教訓が、脳の中でリフレインする。
 少し腰が曲がってはいるが、矍鑠と歩く姿。ほとんど残っていない髪にカラーリングをして身だしなみを忘れず、眼光鋭く自信に満ち溢れた言動。ジャケットの下に、リンゴのマークの入ったブルーのTシャツ。そのいでたちに、初めは違和感を感じたが、息子さんがAppleで Siriの開発に携わった研究者だと知らされ納得した。 
 これはまさにスターウォーズでスカイウォーカーを指導するジェダイ「ヨーダ」そのままだなと独りごちたのを覚えている。
 H川氏の最大の関心事は、クラッシック音楽。それも、ベルリンフィルやウィーンフィルの超一流ソリストとの深い交流。
 ベルリンフィルのフルート主席奏者のエマニュエル・パユー、ベルリンフィルオーボエの主席奏者ハンスイェル・シュレンベルガーなどなど、たくさんのクラッシックの一流ミュージシャンのコンサートに同行させていただいた。楽屋に入れていただき、コンサート後の食事会をアテンドさせていただきました。
 さらりと書いているが、クラッシックファンにとっては夢のような出来事。ニューヨークであのカーネギーホールの楽屋に潜入し、指揮者のグスターボ・ドゥダメル氏とお会い出来たことは一生の思い出となった。
 この詳細は、別の機会に詳しく書かせていただくとして、この水先案人に導かれ、NY郊外のスカースデイルのアパルトマントで、生活をともにしながら、4人の弁護士とお会いし、揉まれ学び、感じたことを順を追って振り返っていきたい。

「頑張ろう」という掛け声を、自分自身に、そして周りにかけ続けて、気がついたら30年たっていた。
 例に漏れず、大半の報われない中小企業の経営者と同じく、四苦八苦を繰り返した半生でした。
 成長している時も、衰退している時期にも「頑張ろう」という合言葉を唱えるのがビジネスの世界の定番。すべての起業家、すべての事業主、あらゆるビジネスマン、周りの状況に必死でついて行こうと、もがく人々にとっての口癖、あるいは呪文のようなものだと。
 他の誰よりも長時間働き、テキパキと仕事をこなして必死に頑張ったものが、報われると信じて、日々の責務に精を出す。たまに見え隠れするチャンスらしきものを探し求めて走り続ける。ほとんどに経営者はペースを測り、長い距離を行くのではなく、全力疾走の短距離を何十回も繰り返そうとする。高度成長期の時代は、それでも良かったのですが...。
 29歳で起業し、長年、美容院を運営してきた。経営というより運営。お客様に似合うヘアスタイルや癒しを提供することが生業ではあったが、途中から自立した職人を育てる職業訓練校を運営している意識に変化した。
 技術とセンス、接客が抜きんでていれば、少々場所が悪くても必ずお客様でいっぱいにできる。そんな根拠のない自信を持っていた。
 今考えると、いくつかの商売の鉄則を軽視していた自分が恥ずかしく、苦い想いがこみ上げてくる。繁華街を避け、最寄駅から多少遠くても問題にしなかった。仕事の良さを解っていただけるお客さまがおられる住宅地ならば、必ず流行らせることが出来る。そんな根拠のない自信が、当時はありました。
 なんとか続けてこれたのは、周りの人たちに恵まれ、支えられていたからだと思い知るのは、ずっと後のことになります。
 頭を下げ、印鑑をつき銀行から融資を引き出し、その金を労働により膨らませて、適正に分配することが経営の大まかな流れ。それに加えて、自身の技術を試行錯誤、スタッフに鼓舞指導を繰り返し、自分の分身を育てることに専念した時代を経て、新たなビジネスモデルを探し続けできました。
 人生の意味が、まわりにどれだけの影響を与えられたかとすると、次のような自問自答を繰り返す。
「お前は自分の人生の目的を果たせているのか? 他者のために何かお役に立てたのか?それによって、どれだけの愛を手にできたのか?」と。その答えになるとは到底思えないが、永遠のドリーマーである初老のおじさんの無謀と思えるアメリカでの生活、顛末記を書き残しておこうと思うのです。

NYでサロンを経営する。
 
 そもそも、そんな無謀な賭けにでる気になったたのは、人材難に起因していると言っても過言ではないでしょう。リクルート、リジョブ、indeed、など様々な求人サイトに高額の料金を支払い求人をかけても、ひとりも応募者がいない。まさに求人難の時代に突入している。いや、働き方改革の流れから、社会変化と共に働き方の感覚自体が変質していると。
 2018年を境に、長期的に人口減少が始まり、技術を媒体として、手に本物の技術を身につけて、一生を費やす職をつくことを志向する若者の減少に拍車がかかる。
 お金儲けの手段として、美容師の道に入り、出来るだけ家の近くの美容院で働き、ちゃらんぽらんと遊びながら練習し、そこそこの仕事が出来るようになれば、より高い収入を求めて転職を繰り返す。手塩にかけて美容師を育てても、仁義や恩義も無く顧客を持って独立していく。
 そのような安直な目的で美容の世界に入ってくるひとが後を立たなくなりました。(勿論、真剣に技術習得に取り組み、素晴らしいデザインで多くの顧客を笑顔にしている美容師もたくさんおられます)
 従来の技術を教え、教えられ、切磋琢磨して技術の追求をしていくことを志す自立した若者が少なくなっている現状を憂いている経営者が多数存在するのは間違いありません。それが、いまの日本の美容界です。
 なんとか志しの高い人材を確保し、技術者として、社会人として自立した人財を育てることができないだろうか。
 そんな折、ある美容学校の理事長から、「NYにあるサロンを引き継いで経営してみないか」との降って湧いたような、思いもかけない話を賜るわけです。
 すぐに頭に浮かんだのは、世界の文化に触れ、技術を海外でと願う若者を日本全国から集め、NYで勉強してもらい日本に送り返すビジネスモデルでした。
 長年続けて来た美容院経営の集大成として、何か残しておきたい。ケンタッキーのカーネルおじさんのように、60からトライして、前のめりに笑顔でぴんぴんころり出来たら。
 今思い返すと、浮かれていたなと恥ずかしく思い出されるのですが、その時は差し出されたおもちゃに飛びつく子犬のように、その先の展開まで予測出来なかった。
 ビザの獲得、サロンの売買契約のために何人もの弁護士とセッションを繰り返し、プライベートでも、ジュリアード音楽院で、JAZZ界の最も著名なトランペット奏者である、ウィントン・マリサリス氏の授業を参観させていただいたり、NYドライカットの第一人者 ジョン・サハグのトップスタイリストである山根エイジと仕事をしたりと、稀にみる貴重な経験をたくさんさせていただきました。
 
 徒然なるままに、そのあたりを順番に書かせていただきたく思います。

その2

さまざまな色合い、複雑に入り組んだ形状。

紅葉のシーズンの兜山から摩耶山、再度山、鉢伏山と続く六甲山系さながらに個性的な面々が集う内田ゼミに参加して、脳天気な私も、さすがに緊張からスタートしました。

このゼミは、現在も寺子屋ゼミとして続いていますが、先生が「寝ながら学べる構造主義」など数冊のご本を出されたころで、ほぼ無名でらした時代のことです。

当年度のゼミでは内田先生がいくつかのテーマを出され、それについての考察を参加者の有志が発表する形が取られていました。

初回は前述の京阪神の情報誌Meetsの編集者、江さんから。初年度は指名された発表者に、いくつかのテーマの中から選択の自由が任されていたように記憶しています。

発表の後、ディスカッションが始まり、先生の総括。400字詰め原稿用紙2枚の感想文の宿題が出されて、次回提出という流れ。

後に内田ファミリーの主力メンバーのドクター、ナベジンさん、ウッキー、ダイハクリョク、シャドウ、ジョンウィル、ミヤタケさん、タニグチさんなどなど。先生からあだ名で呼ばれるほど、フランクで明るい雰囲気の講義。

ここでひとつエピソードを。

数回目の講義の後、ウッキーさん、ミヤタケさんに突然拉致されるが如く呼びだされ、先生と食事の場へ。訳も分からず、私なんかがいいんですかの戸惑いのなか...

その席で開口一番、先生が「僕さ、奥さんに捨てられて独り身なんだよ」

ええっ!!私は心のなかで、こんなに言いにくいことを、自らの弱点を、ほぼ初対面の私に最初から伝えるなんて...どっ、どういうことですか?

すっ、すごい!

圧倒されたのを、いまもはっきりと覚えています。

正直、目の前に先生と諸先輩。別件の約束があったことが気にかかり、何を食べたのかもさっぱり記憶にありません。

途中、「ミツヤスくん、合気道はいいよ〜」と満面の笑みで、ひとことおっしゃったのが鮮烈に印象に残ってます。

誰かひとりが、おかしなことを発言すると、周りから集中砲火を浴びる場面もありで、かなりテンションの高いシチュエーション。ゼミでは、まさにとんがったり、曲がったりの凸凹メンバーがキラ星のごとくに登場して、戦国時代の様相を呈してましたっけ。

それぞれに好奇心、向学心、立身出世の志で、意識の高い方々が集まっておられたと思います。いま振り返ると、無邪気で楽しい時代でした。

私はというと、このゼミ自体、先生がおられるアカデミックな場所とは異なる世間、一般人からリアルな発想や興味や問題点を喚起され、拾い上げる場所として開かれたのかな...と考えてました。

水戸黄門ならば、風車の弥七、島耕作ならグレさん、ONE PIECEならばロビンのごとく、先生の好奇心くすぐるアンダーグラウンドな話題やホットな情報をお伝えすべく心がけよう。

今思えば、結構、レポートを頑張って書いてましたね。それについての感想と評価を毎回、楽しみにしていて、Aとかを貰って年甲斐もなくワクワクしたものです。今考えると、規定も責任も一切必要無いんですから、どのレポートにもA評定されてたのかな(笑い)

それは、現在も床屋談義として続いていています。先生は世間話くらいにしか思っておられないかもしれませんが...。

この一年目のゼミで、私が先生の言葉で印象に残っているご指導をひとつあげますと、

「大きなビルに入り込んで、ドアを全部開けようとするな」ということでしょうか。

一度にたくさんの事柄を伝えようとするのではなく、全体を俯瞰。何十も並ぶドアのひとつだけを開け、内部の様子がリアルに伝わるよう語るべし。人前でのスピーチ、コミュニケーションのノウハウの重要な肝。


季節は秋のころだったと記憶してます。
柳田國男さんの提唱された「ハレとケ」の発表のとき、携帯の呼び出し音が鳴り、「父危篤、すぐ帰れ」との緊急の知らせが...

以下は次回

全ては必然と考える...

たまたまとか、偶然とかいうものはこの世に存在しないのではないか。

 

十数年前、いつものようにサロンで仕事をしている最中に、たくさんの雑誌が入れてある、床のマガジンラックが、光り輝くように見えた。今でも不思議だけれど、確かにモザイクがかかったようにそれは、その瞬間、揺れて輝いていた。

雑誌の中の一冊の Meets に、私は呼ばれたのだ。

パラパラとページをめくり、あるエッセイに惹きつけられる。文字がひと際、鮮明に大きく見えた。

「パートナー・デバイドの光と影」

タイトルからしてステキ。4ページほどのその文章を読み終えて、私は圧倒された。大人になるとはどういうことなのか。人が仕事をする意味など、こんな小難しい内容を、TV アニメの登場人物(それも少女漫画だ)を交えて、面白おかしく、これほどわかりやすく書けるなんて...。

専門用語を多用して、いかにもな文書くことは、ある意味容易だ。私のようなボンクラの一般庶民に語りかけるが如く、わかりやすく解説されたコンテンツは、めんどくさい計算を重ねて編まれた緻密さを感じさせる。フランクで、他にはない構成に驚きを隠せなかった。

こんなに頭の良い人がこの世には存在する。今思えばそれが、私の運命的な出会いとなった。

すぐさま、作者を検索し、HP を閲覧する。自宅から数駅先にある女子大の先生なのに、毎回ウィットに富んだコンテンツに溢れていて、毎回更新されるのをワクワク楽しみにしたものだ。

そんなある日の HP 冒頭に、「今度、うちの女子大で社会人を集めたゼミをやることになりました。女子大なんだけど、男子も参加できるから遊びに来てね〜」なる一文を見つけて、好奇心と下心に小躍りしつつ、私は頭を抱えた。

参加したいけれど、仕事もしているし、果たして続くであろうか。幸い授業は火曜日の夕刻だから休みだけれども、経営者というのは休みでも休みではない。逆に、社員に勉強会をしたり、銀行に融資を頼みに行ったり、税金や経費の振込みなどせねばならない仕事が多々ある。

規定の参加動機を書いた一文と大学の卒業証明書を取り寄せ送付して、後日送られてきた日時に女子大学の門をくぐった。

緑多い女子大の急な坂道を登る。指定された教室に入ると、50〜60人の応募者が集まっていた。社会人、大学生、大学の先生などなど、それぞれ心に一物を秘めた個性的な顔の集団。

その中心に頭半分ほど抜きん出た、大柄の人物が目に止まる。これが、私の師匠でありメンター、内田樹氏とのファーストコンタクトであった。

独特の高いトーンで響く声(正直、こんな高い声で江戸弁の方だとは予想だにしていなかった)と、周りにプラス・エネルギーを発する所作に、ワクワクし緊張したものだ。

 

さて、懐かしさに横道に逸れてしまった。ここからゼミに参加し、数々の出会いを重ねていく。これより先の話は、折々、後日に譲ることにして話を戻そう。

 

私は、生を受けてよりこのような不思議な巡り合わせ、偶然と呼ぶにはふさわしくない稀有な体験を何度か経験してきた。皆さんにも覚えがおありになるのではないだろうか。

後で振り返るに、偶然と思える点が線になり、線が繋がって平面を形つくる。やがてその面が立ち上がって立体を形成していく。

ひょっとしたら偶然なんてこの世に存在しないのでは・・全てのことには意味があり、説明できない出会いや別れによって人生は出来上がっているかもしれない。人との巡り合わせ。人はそれを運とか女神とか神と呼ぶのではないだろうかと。

そう考えると、「自力だけでなく何かに生かさせて存在している」という感じがしてくる。生きることが少しだけ楽になる。誤解されないでいただきたい。宗教的な話を伝えたいわけではありません。

人生では嬉しい事楽しいことだけでなく、辛い事も悲しいことも、時として死にたくなるような出来事も起こり得る。

全てのことには意味があり、自身を幸せに導くために存在すると考えたい。良いことも悪いことも、時が来れば自らの幸せにつながっていくとしたら、かなりの面で心配することが少なくなる。

 

「偶然に見える必然」・・シンクロニシティーという言葉の意味に集約される。Sting の曲を思い出す方も多いかもしれない。

はるか昔、学生時代に、私は電車の中で偶然再会した高校時代の友人からバイト先を紹介される。それによって私は、全く新しい世界を知ることになった(これは実際に私の身に起こったことだ)。

彼の紹介で家庭教師のバイトを始めた私は、そこで私には縁のなかった富裕層のお家に出入りすることとなる。その家は、とある会社の副社長のお家で、三姉妹の末っ子のお嬢さんに英語を教える仕事を手に入れた。

貧乏な家に生まれた私が、それまで知り得なかったお金持ちの所作、ルールみたいなものを、ここで知ることになるのだか...

 

いささか長くなりそうなので、初回は、このあたりで。

ではまた。